塾講師の一日の仕事について

塾講師という仕事

人を教える仕事は世の中にたくさんありますが、学歴社会の中で勉強熱心な学生を教える立場として重要な役割を果たしているのが塾講師という職業の人たちです。もちろん塾の先生というのは目新しい仕事ではありません。しかし時代が変わると求められることや仕事内容なども変わってくるものなので、一昔前と今の塾講師では色々と違いが出てきているかもしれません。

塾講師でも指導のタイプというのは様々です。10名以上の集団指導をしている塾講師もいれば、もう少し少ない数人単位でのグループ指導を生業としている塾講師もいます。さらにはマンツーマンでの個別指導を基本としている塾講師もいて、それぞれの形に応じた難しさや取り組み方があります。

塾講師は大学に入ってまだ一年目の若い人が塾で講師をはじめているケースも多いので、大学卒業後も塾講師の道を歩む人などはかなりの経験がすでにあり、ベテランになってきていることがわかります。塾講師の男女比はほぼ同等であり、男女共に活躍しやすい職種であることもわかります。

特に今の時代を反映してか、個別指導をしている塾講師がかなり多く、このあたりは時代時代の流れやブームがあるのかもしれません。学生が塾講師をしている場合、一週間に少しだけ講師として働いていたり、他のアルバイトと掛け持ちしている人もいます。将来的にフルタイムで塾の講師をする前に、学生時代にパートで経験を積んでいる人も多くいるのかもしれません。


◆ 塾講師の仕事に関するおすすめサイト ◆
個別指導やグループ指導など、塾講師の仕事は幅広いです。塾講師の求人を専門的に扱っているサイトがありますので、仕事を探している方はぜひ参考にしてみてください >> 塾講師の求人